EMCC:電波環境協議会(旧不必要電波問題対策協議会)
b 最終更新日:2017.11.7
事務局へのメール HOMEへ戻る
不要電波とは 協議会について 構成会一覧 入会のご案内 事務局案内 関連サイト
お知らせ 機関誌 報告書関連 CISPR関連 会員ページ  

その他の資料

電磁環境に関わる各種情報や資料を掲載しています。 (一部リンクを修正しました。)

 電波環境協議会では「医療機関における電波利用推進部会」を設置し、平成28年4月に「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」等を公表いたしました。今回、医療機関の方が手引きの内容をより実践的に活用することができるよう、医療機関における「電波の安全利用規程(例)」等を取りまとめましたので、公表致します。

 本規程(例)の利用に際しては、各医療機関において、医療機器や電波利用機器の種類、場所、状況が異なり、またそれらに関わる人員や体制が異なることから、実情に応じて改変等の検討が必要です。

 電波産業会が事務局を務める 電波環境協議会(略称:EMCC)と総務省の主催で電波環境協議会シンポジウムが、高市総務大臣をはじめとした約300名の出席のもと12月16日(金)に開催されました。

 EMCCでは平成28年4月4日に「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」等を公表いたしました。また、その功績を評価いただき6月1日には、総務大臣賞を受賞いたしました。このシンポジウムは、この手引きの内容の普及促進とEMCCの30周年を記念し、開催いたしました。

 そのシンポジウムで配布した資料を公開いたします。

 電波環境協議会では「医療機関における電波利用推進部会」を設置し、医療機関において安心かつ安全に電波を利用するために必要となる基本的な情報を分かりやすくお伝えすることを目的として、「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」を取りまとめました。

 今後、各医療機関において、本手引き書等を参考にして、電波利用が推進されることを期待します。

(2016年4月4日)

 総務省ホームページ「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改正案に対する意見募集の結果及び指針の改正(平成27年8月28日)」へリンクします。

 最新の状況を踏まえた生体電磁環境に関する検討会における検討を受け、指針の改訂案を取りまとめ、平成27年7月3日から平成27年8月3日までの間、意見募集を行い、改正、公表された各種電波利用機器の電波が植え込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針へリンクします。

 リンク先:
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000106.html

 電波環境協議会では「医療機関における携帯電話等の使用に関する作業部会」を設置し、医療機関内での携帯電話等の使用に関する指針」及び「医療機関内での携帯電話等の使用に関する報告書」を取りまとめました。

 第二世代の携帯電話サービスの廃止による携帯電話の電波出力の低下、医療機器の電磁的耐性に関する性能の向上等、関連する状況が大きく変化してきたことを踏まえ、今般、平成9年に当協議会(当時の名称は「不要電波問題対策協議会」)において作成した指針を廃止し、新たな指針を作成することとしたものです。

(英語翻訳版)(English Version)Guidelines for Use of Mobile Phones and Other Devices in Hospitals

(2014年8月19日)

 総務省ホームページ「平成25年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂(平成26年5月23日)」へリンクします。

 携帯電話(W−CDMA方式)と無線LAN(IEEE802.11n方式)の電波が同時にスマートフォン等の端末から発射されたときの植込み型医療機器への影響について、実機による影響調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページ「平成24年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂(平成25年12月25日)」へリンクします。

 LTE方式の携帯電話端末から発射される電波が植込み型医療機器に及ぼす影響について調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページ「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改正案に対する意見募集の結果及び指針の改正(平成25年1月24日)」へリンクします。

 平成24年7月に第二世代携帯電話のサービスが終了したことから、「生体電磁環境に関する検討会」より提出された意見を踏まえ、指針の見直しについて検討を行い、その改正案について平成24年11月30日から平成25年1月4日までの間、意見募集を行い、改正、公表された各種電波利用機器の電波が植え込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針へリンクします。

 総務省ホームページ「WiMAX方式の無線通信端末から発射される電波による心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器への影響に関する調査結果(平成23年5月26日)」へリンクします。

 WiMAX方式の無線通信端末から発射される電波が植込み型心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器に及ぼす影響について調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページ「携帯電話端末による心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器への影響に関する調査結果(平成22年5月17日)」へリンクします。

 HSUPA方式(High Speed Uplink Packet Access方式)を用いて高速なデータ通信を行う携帯電話端末についての調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページ「電波の医療機器への影響に関する調査結果(平成21年5月22日)」へリンクします。

 800MHz帯及び2GHz帯CDMA2000方式の携帯電話用小電力レピータから発射される電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響の調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページに掲載された「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成20年5月30日)」を保管している、国立国会図書館ウェブサイトにリンクしています。

 新たに導入された1.7GHz帯W-CDMA方式及び2GHz帯CDMA2000方式の携帯電話端末から植込み型心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器へ及ぼす影響の調査結果が掲載されています。

 総務省ホームページに掲載された「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成19年4月24日)」を保管している、国立国会図書館ウェブサイトにリンクしています。

 1.7GHz帯W-CDMA方式携帯電話端末とUHF帯電子タグシステム(ハンディタイプ、据置きタイプ及び機器内蔵タイプ)から植込み型心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器へ及ぼす影響の調査結果が掲載されています。

 また、「各種電波利用機器の電波が植込み型医用機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改正も掲載されています。

 総務省ホームページ(電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成18年5月30日))へリンクします。その他、詳細な情報も紹介されています。

 本情報には「各種電波利用機器の電波が植込み型医用機器へ及ぼす影響を防止するための指針」も取りまとめられています。

 総務省ホームページ「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成17年8月11日)」へリンクします。その他、詳細な情報も紹介されています。

 本情報には「各種電波利用機器の電波が植込み型医用機器へ及ぼす影響を防止するための指針」も取りまとめられています。

 総務省ホームページ「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成16年6月18日)」へリンクします。

 EAS機器から発射される電波が植込み型医用機器に及ぼす影響の2年間の調査結果及び無線LAN機器、RFID機器が植込み型医用機器に及ぼす影響についてまとめられています。

 総務省ホームページ「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成15年6月20日)」へリンクします。

 ワイヤレスカードシステムが植込み型医用機器に及ぼす影響の調査結果と電子商品監視機器が植込み型医用機器に及ぼす影響の中間報告がまとめられています。

 総務省ホームページ「電波の医用機器への影響に関する調査結果(平成14年7月2日)」へリンクします。

 携帯電話端末等が植込み型医用機器に及ぼす影響と携帯電話端末等が病院内医用機器に及ぼす影響について、調査結果がまとめられています。

 平成7〜8年度にかけて、当時運用されていた延べ727機種の医用電気機器に対して実施した実験データを元に作成された指針。

 なお、本指針は、2014年8月19日に見直しを実施し、新しい指針を公表しております。



ページトップへ